スクープ映像2 黒塗りのGTマシン

今日もNISMOフェスタねたから・・・。
白無垢のトヨタのFポンに続き、今度は黒塗りのGTマシンが富士スピードウェイに現れた!どうやら2006年仕様のテスト車両の模様。翌日のフェスタではサプライズとして走行した。これまた、一足お先に貴重な車両を見る事が出来た。しかも、ばっちり写真にも収める事が出来た(あくまで証拠写真程度の出来ではあるが・・・)
a0041064_2011686.jpg


黒塗りのZをもっと見る
[PR]

# by minolta_daisuki | 2005-12-06 20:08 | モータースポーツ

NISMOフェスティバル-1

カルソニックスカイラインが富士スピードウェイに帰って来た。
12/3、翌日に行われるNISMOフェスティバルの練習走行、会員限定のイベントに行って来た。僕のお目当ては勿論カルソニックスカイライン。やっぱりカルソニックブルーはZよりスカイラインの方が似合うと思う。

という訳で本日は、2002年のGTマシン、カルソニックスカイラインの写真を集めてみました。

まずは先日のトヨタのF1と同じ場所から。フェンス越しのリベンジです。今回の目標は、日の当り具合を第一優先に撮影場所を決めて撮る事。絞りは、むやみに開放にせず、シャープな写真を目指す事。この二つ。
a0041064_19512376.jpg


カルソニックスカイライン特集を見る
[PR]

# by minolta_daisuki | 2005-12-05 21:34 | モータースポーツ

スクープ映像 白無垢のFポンマシン!

11/12 富士スピードウェイで行われたトヨタモータースポーツフェスティバル前日の
練習走行 part2。

来年からフォーミュラニッポン(Fポン)のマシンが新しくなり、トヨタとホンダのエンジンが供給される事になった。つい先日、トヨタのFポン用新エンジンがシェークダウンされ、11/13のフェスティバルで一般公開される予定。一足先に新エンジンのエグゾーストノートを聞く事が出来てラッキーだった。新しいトヨタのエンジン音は、現行型に比べて非常に甲高く、遠くで聞くとF1マシンそっくりだった。わずかな周回数であったが、グリーンのヘルメットの高木虎之助がドライブし、トヨタの新サウンドが富士山麓にこだました。
a0041064_1462993.jpg


もっと新しいFポンを見る
[PR]

# by minolta_daisuki | 2005-12-02 20:30 | モータースポーツ

紅葉富士にチャレンジ

a0041064_1901362.jpg
DiMAGE A1

本日は試験運用の為、もういっちょ!!
土曜は3時起きで撮影に出掛けました。色々撮りましたが、まずは紅葉の写真。河口湖の紅葉を初めて撮りに行きました。ピークをやや過ぎているせいか、思ったよりも空いていてラッキー。現地へ到着すると、一面霧が立ち込めていました。霧が晴れるのを待っての撮影。もう少し早ければ、光の回り具合が丁度良かったかもしれませんが、こればかりは仕方ありません。
[PR]

# by minolta_daisuki | 2005-11-28 18:52 | 富士山

ちょっと試しにブログ開設してみました

a0041064_1725219.jpg


αSweetDIGITAL Σ170-500 

なんだか、とっても流行っている様なので、僕もブログなる物に手を出してみた。飽きっぽい性格なので、どこまで続くか分からないが・・・。気張って毎日書くと、絶対に挫折しそうなので、ボチボチ気張らずやって行きたいと思う。従って更新は不定期。気まぐれで、良いのが撮れたりしたら更新するつもり。

記念すべき最初の一枚は、富士山ではなく、トヨタモータースポーツフェスティバル前日の練習走行の模様。トヨタのF1マシンが再び、富士スピードウェイに戻ってきました。ドライブするのは、ヤルノ・ツゥルーリ。相変わらず、甲高い良い音させてました。

この写真はテレ端で絞り開放、4mぐらい先にあるフェンス越しに撮りました。やはり絞り開放値がf6.3の安いレンズでは完全にフェンスを消す事が出来ませんでしたが、明るく現像すれば分からない程度に抑えることが出来ました。

トゥルーリの走りはまだまだ続きます
[PR]

# by minolta_daisuki | 2005-11-28 17:45 | モータースポーツ

機材紹介

a0041064_20465417.jpg

主要アイテムのみですが、撮影機材を紹介します。

カメラ本体

High Speed AF APO TELE 300mmF2.8 G

その他のαマウントレンズ

α用アクセサリー


※未掲載アイテムに関しても、追々追記して行きたいと思います。
[PR]

# by minolta_daisuki | 2005-10-31 20:46 | 機材紹介

カメラ本体

a0041064_20465417.jpg

写真右より(購入順)

DiMAGE Z1(コニカミノルタ)2003年10月購入
スナップ写真だけでなく、花火やレースの写真なども綺麗に撮りたい、という願望を満たすカメラを物色中、発売日に近所のキタムラで実機を触り一目惚れ。翌日には購入に至る。M、S、Aモードがあり、高倍率ズーム搭載、軽快なAF、が購入の決め手となった。何より、撮っていると気持ちの良いカメラである。購入後、地元の富士スピードウェイが改装工事の為休業となったのをきっかけに、富士山も撮るようになる。
撮る事を楽しみながら、カメラのドレスアップも楽しんでいたこの頃、スポーツグラブ375さんのHPに出会い、カメラスーツなどの製作を直談判、商品化して頂く事が出来た。(写真中のZ1には、同社のグリップカバー、鏡胴カバーを装着)
また、同じカメラを持つ人達に声を掛け、D’z Clubを立ち上げる。
※写真中のフードは、hama社の角フード52mm用


DiMAGE A1(コニカミノルタ)2004年10月購入
富士山撮影に夢中になっていた筆者が、気に入った写真をもっと大きくプリントしたい、とZ1より広角で、高画素のこれを選んだ。カメラその物の質感や操作性は、後に購入するデジイチαSweetDIGITALよりも遥かに良い。何と青空や雲にもAF合焦してくれるので、風景撮影には有り難い。
風景写真をメインに考えて選んだので、手ブレ補正(AS)が目当てで購入した訳ではないが、後にそのASの素晴らしさを痛感する事になる。PLフィルターを多用する筆者にとって、SSが稼げない時、撮影スポットが混雑している時、色んな構図で撮りたい時などには大変有り難い。三脚を使うので風景写真にはASなんて不要、と考えていた筆者であるが、ASのお陰で作風のバリエーションが豊かになる事に気付いた。
MINOLTAロゴ最後のフラッグシップ機という事もあり、例え使わなくなったとしても、下取りに出す事はまずないだろう。
※バッテリーパックBP-400(縦位置グリップ)も同時購入。


α Sweet DIGITAL(コニカミノルタ)2005年9月購入
当分、手を出すつもりはなかったデジイチだが、少ない小遣いで掛けていた保険が満期を向かえ、思わぬ臨時収入があり購入を検討。レースをメインに撮るようになり、 コンデジでは限界を感じ購入に至る。まさかコニカミノルタ最後のカメラになるとは夢にも思わなかったが、SONYの力量に期待をしつつ、恐らく生涯の趣味になるであろうカメラを、αマウントに委ねることにした。レンズについては以下で説明するが、18-70、75-300のWズームキットで購入。Σ170-500をレース・運動会用として同時購入し、とりあえず27~750mm相当の画角を手に入れた事になる。以来、徐々にαレンズを増殖中。2007年2月、2台目を購入。2台体制になりました。
※写真では、アングルファインダーを装着
[PR]

# by minolta_daisuki | 2005-10-30 10:34 | 機材紹介

αマウントレンズ

a0041064_20465417.jpg

写真右側より
※コメントは、目の肥えていない筆者の個人的感想ですので、ご了承下さい。

AF DTズーム18-70mm F3.5-5.6(D)(コニカミノルタ)
Wズームキットとして購入。筆者が所有する唯一のデジタル専用レンズ。小型で超軽量。αSweetDで気軽に撮ったり、旅行などには最適だが、等倍で見ると描写がちと甘い(と思う)。ゴツイ面構えが好きな筆者にとっては、ちょっと物足りなく、現在では一番使っていないレンズ。近々、下取りにでも出そうかと思っている。欲しい方は、ご一報下さい。お安くしときまっせ!!(笑)その後、下取りに出しました

AFズーム24-105mmF3.5-4.5(D)(コニカミノルタ)
レース以外の場面では、ほぼ常用に近いレンズ。底値と思われる時期を狙って安価で購入。富士山撮影、スナップ、幼稚園の行事など、大活躍のレンズである。36-158mm相当なので、非常に使いやすく、写りも良い。非常にコストパフォーマンスの高いレンズだと思う。

AFズーム17-35mmF2.8-4(D)(コニカミノルタ)
筆者好みのゴツイレンズ(でも、ちょっとフードがでか過ぎると思う)。こちらも、底値と思われる時期を狙って安価で購入。広角ズームとあって、風景写真の為に買ったのだが、室内撮りでも活躍している(但し、内蔵フラッシュではケラレるので、外付けフラッシュが必須)。写りもGOOD。

AFズーム75-300mmF4.5-5.6(D)(コニカミノルタ)
Wズームキットとして購入。買ったばかりに臨んだ幼稚園の運動会では、キヤノンの入門機使いのお父さんばかりの中で、これを使って頑張った。他社のWズームキットの望遠側が200mmに対して、こちらは300mm(450mm相当)なので、ASと相まって運動会には有利である。撮った写真を他の子にあげたら、「こんなに大きく・・・」と結構喜ばれた。富士山撮影では、満月と絡めて撮ったり、赤富士を撮ったりするのに使っている。絞り開放ではちと甘め、少し絞ると良い感じ。公園で遊んでいる子供を撮ると、円形絞りの効果で良い感じの写真が撮れます。

APO 170-500mm F5-6.3 ASPHERICAL RF (シグマ)
DG化が発表され製造中止。店頭在庫がドンドン無くなる中、「今が底値だ!!」と思い、わざわざ横浜のヨドバシに出向いて執念でGET(溜まったポイントも使いたかった)。サーキット用レンズとして色々と悩んだ結果、これを選ぶ。500mm(750mm相当)がこの値段で買えるのだから、写りに関しては期待していない。と言いつつ、絞れば結構シャープに写ります。テレ端では多少甘さを感じるものの、許容範囲。A3サイズでがんがんプリントしています。ただ、グランドの狭い幼稚園の運動会では長すぎて使えない。(3m以上離れないとダメだし)但し、姪っ子の小学校の運動会では、大活躍。我々素人が1台のカメラで運動会を撮る場合、天気が良ければ、サンニッパ、ヨンヨンゴ、ゴーヨンゴなどの白レンズよりも、絶対に良い写真が撮れると思う。価格は1/10以下だし(笑) 先日は、自転車の練習をする我が子を撮ってみた。強烈な圧縮効果&背景ボケ!自分で撮った写真とは思えないぐらい良い写真が撮れた(と思う)。A3サイズでリビングの壁に登場である(笑)

  ※シグマのリンク先は、DG化された後継機種のページです。
   光学系の変更はなく、コーティングのみ変更になりました。

とは言うものの、やっぱり白レンズへの憧れは捨て切れない。いつかはクラウン、ってCMが昔あったけど、僕にとっては「いつかは白レンズ」なのである。現在、サンニッパ+テレコン、ニーニッパズームの為に、日々、努力をしている所です。禁煙してまもなく1年。少しずつだけど、先が見えてきた(ような気がする)。
[PR]

# by minolta_daisuki | 2005-10-29 10:37 | 機材紹介

α用アクセサリー

a0041064_20465417.jpg

≪α用アクセサリー≫ 

AF 2x テレコンバーターⅡ APOAF 1.4x テレコンバーターⅡ APO(ミノルタ)
純正の非Dタイプのテレコンです。2倍はサンニッパとともに購入。後に、1.4倍も追加購入。(いずれも中古購入)現在の所有レンズでは、サンニッパのみに装着する事が出来る。高価なテレコンなだけあり、Gレンズとの組み合わせでは、写りが非常に良い。AF速度は低下するが、2倍でも画質の劣化を感じさせない。

1.5倍テレプラス(ケンコー)
ミノルタのレンズは、後玉が突出していて、テレコン装着には制限があるが、このテレコンならば、問題なく使用出来る。但し、筆者が所有のレンズでは写りとAFに疑問あり。ほとんど使用せず。純正テレコンを付ける事が出来ない80-200/2.8Gに装着可能なようなので、そのレンズを買うまでは、持っていようと思う。

エレクトロニックフラッシュEF-500 DG ST(シグマ)※写真中ではA1に装着
ガイドナンバー50の大光量、上下左右にバウンス可能なので縦位置での撮影もOK、AF補助光付、・・・・など、純正よりも遥かに安く、高機能。非常にコストパフォーマンスが高いフラッシュである。チャージ中もAF可能なので、ストレスなく撮影出来る(チャージ時間も短い)。これまであまり使う機会がなかったのですが、子供が幼稚園に通いはじめ、登場回数が増えてきました。
※AF補助光の照射は出来ないが、Z1、A1でも問題なく使用可能。

アングルファインダーVN(コニカミノルタ)※写真中ではSweetに装着
他社のカメラにも流用可能らしく、値段も安いこともあり、品薄状態が続いていたらしい。下のマグニファイアーと同時に、コニミノの写真事業撤退発表後に慌てて購入。その頃、どこの店も品切れで、ようやく手に入れた。マグニファイヤー同様、今後は、SONYが販売を引き継ぐ事になった。
ファインダー像を90°屈折させ覗く事が出来る。花などのマクロ撮影、ローアングル、三脚を使用し座って撮影する時、花火の撮影、などに非常に便利なアイテム。接眼部は360°回転可能なので、縦位置撮影でも勿論使える。また、ファインダー倍率を1倍・2倍と切替可能なので、マグニファイアーとしても使用可能。

マグニファイヤーVN(コニカミノルタ)
ファインダーの中心部を2.3倍に拡大して見ることが出来る。サーキットで、金網越しにMFで撮影する時に使おうと購入したのだが、思ったよりピントの山がつかみ難い。7Dのファインダーや、もっと明るいレンズならば使い易いかもしれない。今後の使い道に期待したい。
[PR]

# by minolta_daisuki | 2005-10-28 08:39 | 機材紹介