カテゴリ:機材紹介( 14 )

初SONY!

a0041064_18422190.jpg


More
[PR]

by minolta_daisuki | 2008-02-16 11:36 | 機材紹介

新兵器 導入!!

a0041064_20563596.jpg


More
[PR]

by minolta_daisuki | 2007-11-10 21:02 | 機材紹介

3倍テレコン

a0041064_15534364.jpg


More
[PR]

by minolta_daisuki | 2007-08-06 20:14 | 機材紹介

アルファの逆襲!

a0041064_19471761.jpg


More
[PR]

by minolta_daisuki | 2007-03-09 19:56 | 機材紹介

2台目のアルファ

a0041064_16531095.jpg


More
[PR]

by minolta_daisuki | 2007-02-18 17:32 | 機材紹介

新兵器(?)導入!?

a0041064_21363862.jpg


More
[PR]

by minolta_daisuki | 2007-02-17 21:41 | 機材紹介

視度調整アタッチメント

眼鏡を掛けているので、どうもピントの山が掴みにくいです。雨の日なんかは、眼鏡に水滴が付くと、よく見えなくなるし・・・。カメラの本体側でもある程度は視度調整出来るのですが、僕の場合は全然足りません。そこで、この『視度調整アタッチメント』。前々から欲しかったのですが、コニミノ撤退後は発売中止。ようやくSONYさんから発売されたので、半年以上も待って買いました。たった1000円のアイテムですが、やっぱり写真を撮るのに『目』は大切ですよね~。今回はこれを付けてGT最終戦に臨みます。結果は如何に・・・・・?

そういう訳で、今後サーキットや撮影地では、眼鏡を外す事が多くなります。つまり、ファインダー越しでないと見えません。その為、すぐ近くの人の顔も分からない事があるかと思います。決して、無視している訳ではないので、そんな時にはどうぞお声を掛けてやって下さい。以上、皆さんへのお願いでした。
[PR]

by minolta_daisuki | 2006-11-01 17:29 | 機材紹介

三脚・一脚 関連

機材に応じて、場面に応じて、色々と買い足していますが、代表的なアイテムを紹介します。

●三脚 
スリック U6600
   DiMAGE Z1とともに購入。軽くてアイレベルが出て良いのですが、
   今のシステムにはちょっと華奢。役不足になって来た。
   今では、旅行の時や長く歩くような場面でしか使っていません。

ベルボン SX-601B
   中古1万円で購入。古いので、詳しいスペックは分かりませんが、
   重量2kg以上あって、かなりしっかりしていて頼れる奴です。
   
●雲台 
ベルボン PH-601B(SX-601Bに装着)
   

●一脚 
スリック モノポッド300
  Z1+2.2Xテレコン、αSwwetD+170-500mmで約3年使ってきた一脚。
  流石にサンニッパを載せると、しなってしまうので、今はほとんど使っていない、
  ビデオ用に女房に使わせようと思います。

マンフロット 680B
  サンニッパ導入を期に購入。三脚も一脚もクイックレバー方式しか使った事のない筆者。
  クイックレバー方式でしっかりとした物を探したらこれぐらいしか無かった。
  なかなかの優れもの。お奨めの一脚です。銘板にはMade in ITALYの文字!
  
[PR]

by minolta_daisuki | 2006-09-07 09:05 | 機材紹介

High Speed AF APO TELE 300mmF2.8 G

中学生の頃から、サーキットで大砲のようなレンズで撮るのが夢だった。でも、最新型のSSMのサンニッパなんて、とてもとても手が出ない。しかし、ハイスピード型の中古ならば頑張れば手が届く。そして、その夢に向けて色々と頑張っていたのだが、その夢は思ったよりも早く現実となった。遂に我が家にやって来た白くて大きくて重たい奴。世間一般の流れとしては、物はどんどん小さく軽~~~くなる傾向にあるのだが、これに対する拘りは、そうした一般論は通用しない(笑)
a0041064_9394899.jpg

しかも、前オーナーは、我々モタスポ撮りの同業者(?)の中では、かなり有名で、素晴らしい腕の持ち主。前々から雑誌やWEB上でその方の写真を見させて貰っていたのだが、そんな人と巡り会う事が出来て、しかもそんな由緒あるレンズを譲り受ける事が出来た訳である。サンニッパに純正の2倍テレコン、専用偏光フィルター、各種フィルター、専用ハードケース付。α-7D発売後から急騰し、コニミノの写真事業撤退発表以後、更に高値を付けているミノルタの中古レンズであるが、格安で譲って貰う事が出来た(と言っても、自分にとっては凄く高価ではあるが)。

≪以下2006.12追記≫
サーキットではだいたい2倍のテレコンを付けて600mm/f5.6状態で使っています。最近は、フェンス越しでも積極的に狙うようになったので、600mm(換算900mm)だと長過ぎる場合が度々ある。その為、1.4倍のテレコンも追加購入した(1.4倍装着時は420mm/f4.0)。2倍のテレコンを付けると、流石にAFが遅くなるが、この辺りは1.4倍のテレコンだとどうなるのか、今後テストしたいと思う。
テレコンを付けなければ、アルファの動体予測(AF-C)でもそこそこ追随してくれる。特に横方向へカメラを振るときにはAFが有効だと思う。それ以外のシーンでは、ほとんどMFで使用。コーナーの進入や立ち上がりなど、AFが追いつかないシーンがほとんどだからである。写りは、とにかくシャープ。テレコンをつけても、このシャープさは変わらない。色のりも良く、ミノルタらしいこってりとした絵が撮れる。更に深度の浅さもあって、サーキットのフェンス(金網)も綺麗に消す事が出来る。短所は、フードが短い事。雨の日には何か工夫が必要。
[PR]

by minolta_daisuki | 2006-08-30 07:55 | 機材紹介

撮影機材についてアップしてみました

Infoseekのアルバムが消えてしまったので、少し前から地道に準備していました。Z1を買った頃は、こうした事を書くのが楽しくて、マメにやっていたのですが・・・・。

こちらからご覧下さい

Shinashinaさん、準備中にも関わらず、コメントいただきましてありがとうございました。その後、アイテムの追加は出来ませんでしたが、文章の校正のみ行いました。暇があったら、今度はプロフィールも書きたいと思っています。
[PR]

by minolta_daisuki | 2006-07-21 08:50 | 機材紹介