2台目のアルファ

a0041064_16531095.jpg




何故、今αSweetDIGITALなのか?何故、もう一台なのか?疑問に思う方も多いかと思いますが、もう一台買ってしまいました。ホントは2台体制にしてからサンニッパを買うつもりでしたが、事情により前後してしまっただけ。デジ一眼の2台体制、前からず~~っと憧れていたんです。と言っても、我々αユーザーは選択の余地があまり無い。α-7DIGITALやαSweetDIGITALの流通在庫や中古にするのか、α-100、若しくは今後発売されるであろう機種を待つか・・・。4択なのですが、肝心のカメラのスペックは大差ない・・・(笑) どの道、置きピンかMFで単写するのがほとんどなので・・・。

7Dはファインダーが優秀だし、縦グリを使えるし、ゴッツさ命の僕ならば、本来7Dに行くはずなのですが、RAWの拡大再生が出来ない。これがネック。MFやスローで撮った写真は、やはり拡大再生してピントやブレをチェックしたい。じゃJPEGで撮ればいいのですが、一度RAWで撮るのに慣れてしまうと、なかなか戻れない。何より、腕がないので、被写体をファインダー内に収める事だけに集中したいので、やはりRAWで撮りたい。

そしてα-100。スペック的には、画素数のみが大きいだけで、SweetDとほぼ変わらず。トリミングには有効だけど、メディアやパソコンのHDDの事を考えると、メリットばかりではない。何より、SONYロゴにまだ抵抗感がある。

今後SONYから発売されるであろう上位機種はいつ出るかも分からないし、出たとしても、欲しいスペックのカメラだったら、すぐには手が出ない。

そしてSweetD。こちらは何と言っても、扱いが慣れている。そして安い。縦グリが使えないのは、やはり心残りではあるが、心配していた1枚目ブラックアウトの症状が出たとしても、無償修理が適用される事になったし・・・。

とまあ、色々と自分なりに考えた結果、こういう事になった訳です。花火の撮影などでは、ノイズリダクション待ちでも、もう一台で撮る事が可能。折角高いチケット代を払ってF1などを見に行った時に、もしカメラが壊れたら・・・。大事な場面でシャッターが押せない、という最悪の事態は回避出来る。何より、レンズ交換をする手間・時間を省ける事が最大のメリットになるはず。今年は、この体制で富士山に、レース、そして運動会などに臨みたいと思います。

≪追伸≫
・トランセンドの4Gのコンパクトフラッシュも購入しました。4Gが1万円を切るなんて驚きですね。
・これまでサブ機として頑張っていたDiMAGE A1ですが、計るようなタイミングで壊れました。症状からして、無償修理の対象となるCCDの不具合です。
・実はSweetDも、同じく無償修理の対象となる1枚目ブラックアウトの症状が出てきました。オフの間に、直して貰おうと思います。
[PR]

by minolta_daisuki | 2007-02-18 17:32 | 機材紹介

<< やっぱりIMPULにはブルーが... 新兵器(?)導入!? >>