GT最終戦 ギャラリー9

GT最終戦のギャラリー 長々とお伝えして参りましたが、最後はやはりこのマシンで締めくくり。

たまには引き気味のアングルで、カレンダーのような絵を目指しました(笑)
a0041064_11383352.jpg




来年は、もっとバックがとろけるようなスローに挑戦してみたい。シーズン・オフには、CCDのクリーニングもしなくちゃ、ですね。
a0041064_11391380.jpg

24号車との2ショット。
a0041064_11393075.jpg

リアが欠けていますが、ボディへの写りこみが面白かったので・・・。
a0041064_11394860.jpg

こちらは3号車との2ショット。
a0041064_1140537.jpg

最後は、例のオフィシャルのおじさんと2ショット。
a0041064_11402598.jpg

開幕戦、1コーナーでのオーバーランから始まったカルソニック号。レース後、チーム関係者に頭を下げて回る星野監督の姿が実に印象的で、心に残りました。男 星野一義もやっぱり親なんだよな~、って。きっと、この気持ちは一樹選手に届いたのだと思います。以後、決して派手な活躍ではありませんが、十分500クラス1年目の役割は果たせたと思います。今年は、IMPULのチーム力、そして現・日本一速い男『ブノワ選手』に助けられ、表彰台にも2回立つ事が出来ました。久々にシリーズチャンピオンの可能性を残して最終戦を迎えられたことは、ファンにとって、凄く嬉しい事でした。最終戦のフォーメーションラップ中、目の前を通過する12号車に対して、本来ならシャッターを切りたい所なんですが、大きく手を振って『頑張れ~っ!行け~~っ!』と大声を出した私。我が子の運動会と同じような気持ちになりました。最近の僕は『観戦』ではなく、もっぱら『撮影』になってしまっているので、この最終コーナーでのシャウトは、なんか凄く心地よかったです。
来年は、どんなチーム体制になるか分かりませんが、どんな体制であっても、「FOREVER HEAT」の精神で、これからも我々を楽しませて欲しいと思います。星野監督、ブノワ選手、一樹選手、高橋工場長をはじめIMPULのスタッフの皆さん、1年間の熱い闘い、ご苦労様でした。そして、ありがとうございました。
また、来年・・・・・。
[PR]

by minolta_daisuki | 2006-11-20 17:12 | モータースポーツ

<< 『俺』 対 『オレ』 疲れたー >>