コラム

お蔭様で、この度、退院の運びとなりました。こちらをご覧の皆様にも大変ご心配をお掛けいたしました。大変温かいお言葉、本当にありがとうございました。退院とはいえ、3ヶ月程度はまだまだ健常者と同じような生活は出来ません。家族で力を合わせて、3ヵ月後には良い新年が迎えられるよう、頑張って行きたいと思います。

さて、家の方は、落ち着きつつありますが、仕事の方がかなりヤバイです。ただでさえ忙しいこの時期、大口の仕事も入ってきていますし、今回の件で数日休んだ事もあって・・・・。この3連休も仕事です。そんな忙しい最中、今度は幼稚園からコラムの投稿の依頼がありました。写真に関して書かせて頂いたので、今日はそのコラムをコピペします。手抜きでスミマセン。






「ファインダーの中の子供達」

子供の頃、憧れのレーシングカーをこの手で撮ってみたいと思い、写真を始めました。
その後、長い間カメラを弄らなくなりましたが、長男の出産を迎える頃、デジカメを購入。
以来、私の唯一の趣味となっています。父親として人様に誇れるような事は何一つしてい
ませんが、家族の写真の数だけは、多い方だと思います。これらの莫大な写真を子供達が
大きくなったら、どうやって渡すべきか、頭を悩ませる程です。最近では、幼稚園の行事
などで、余所のお子さんを撮る機会も多くなりました。最初はカメラを意識して、どこか
緊張したような面持ちだったお子さん達も、次第に表情がほぐれ、笑顔を振りまいてくれ
る様になりました。先日の運動会では、ファインダー越しに見るお子さん達の頑張る姿に
感動すら覚え、撮る方も大変、力が入りました。歯を食いしばって一生懸命頑張る姿。ど
んなに美しい景色や被写体よりも、素晴らしい物だと私は思います。そんな素晴らしい物
を撮らせてくれたお子さん達に感謝・・・。
[PR]

by minolta_daisuki | 2006-10-06 07:00 | その他

<< フェラーリGET PIT PARTY  2 >>